FC2ブログ

夏限定?

田植えが無事終了しました


  例年より遅かったです
梅雨でも雨が降らず、こんなに降らないのは珍しいけど
後が怖いです。集中豪雨にならないと良いですが
 
田植えが終わると苗箱が空になり、洗って納屋に片づけるまでの間
置いたままにしておくと、いつの間にか猫の寝床になっていました
 
過去には2007年7月頃撮影  たびー親子

 
2008年6月中旬撮影  みけ親子

 
 
2008年7月中旬撮影   猫  てんこ盛り
   満員御礼状態
  子猫がつぶれそう
    「大丈夫か」と思わず声をかける
なぜに狭苦しいところに  猫団子作らなくても   暑くないのかしら

 
2013年7月8日撮影  花子と太郎 兄妹(?)です

 
そして今年は  ちびちゃんの物  独占です
寂しいから梅の実を置いてみました

意味不明   ひろびろ

 
我が家の期間限定   夏の風物詩でした

 ほんわか幸せ感じます
(写真は撮っていませんが毎年の出来事です)
 
田植えが終わってほっと一息付いていますが、
6月は田植えが済むまで安心できませんので
予定はキャンセルを前提に考えなければいけないと思い知らされました。
車の点検ができませんでした
  二度キャンセルしました
腰・腕・肩が痛くてたまりません。
ご訪問感謝です
スポンサーサイト



お誕生日です

お誕生日です、平成17年6月21日
我が家の納屋で生まれ、天井裏で育ちました
屋根から中々降りる事が出来ず、ご飯

が苦労しましたが
今日まで元気に過ごし、我が家で最高に長生きしています
 
キジ太君9歳になりました   おめでとう

記念写真撮りましょうとカメラ向けたら目線そらした

 
ご飯足りないの
  腹8分って言うよ   食べすぎです

 
キジ太君  放浪は引退して帰っておいで
  帰って来ない日は心配だよ
毎日帰ってくるんだよと言っても一方通行です(猫ですから)


一年一年元気で過ごして
  
さすがに毛の色が薄れてと言うか、変わってきているのがわかります  

 
 
平成17年8月頃撮影  キジ太君2ヶ月の頃です  可愛かった


ご訪問感謝です

寝る場所

昨日一日、待望の雨が降りました
 
こんなに雨が待ち遠しかったことは初めてです
残りの田んぼに水が溜まったようです
思えば今春からまとまった雨が降って無いような
  
だから山から流れ出る水も少ない
 
ちびちゃんの寝る場所はこの頃、この部屋の縁側(?)
昔々、喘息の持病がある曾祖母が療養していて
今は義弟の部屋になっている離れ(?)
でも縁側は物がいっぱいで、不満顔

(主人が置きっぱなしにする)
 
天気のいい日は西日が良く当たるので夕方はここで過ごす
真夏は


   台風時以外は雨でも濡れなくて済む




 
寝ごごち  悪そうだけど  ご機嫌斜めな顔
剥げている所は怪我した箇所ですが、もう毛が生えています

 
 
たぶん初めて我が家に来たとき、この場所で過ごしたかな
子猫が隠れるには最高にいい場所


これから夏になると涼しいところを探して猫は雲隠れします
写真撮れるかな

 旬な写真が撮れないときは貯め撮りしている写真を
お披露目しますと言ってもあまりないですが、その時は
します
 
ここは農機具置き場兼私用の車庫

もちろん屋根付きで  朝日が当たるので晴天時
の午前中専用


東側の木々が邪魔して庭の日の出
は遅いです

 
何処ででも寝ます


    この寝顔に癒されます

 
一番うれしい寝場所は   寝心地悪そうだけど   おばちゃんの腕の中
今朝も抱っこを要求され、全身筋肉痛になるほど抱っこしました
寝顔ばかりの写真でちびちゃんに怒られそう
おすまし顔も撮って載せます  我が家の大切なひとり娘です


訪問感謝です

田植え

不安定な天気ながら雨が降りません
でもどうにか溜まった水田に田植えをしました
全部ではありませんが、昨日で半分終了です(補植は残っていますが)
 
先月播いたモミが大きくなり苗に
  これを植えます

 
ごらんの通り、山に囲まれた棚田です
ゆっくり作業する主人ですので3日目の始まりで
夕方までには終わるといいな(真ん中の棚田)と思いながら手伝う
1日一区切りの作業しかできない主人です(他の方は一日で終わる)
私は苗を渡す手伝いだけですが、この場所は下に落ちそうで怖い作業です
鉄柱のあるこんもりとした木々の向こうにも棚田がありますが
まだ水が溜まっていません

 
 
空にはツバメが乱舞しておりました、見えますでしょうか
思わず撮影しましたが一羽だけでした
何度か挑戦しましたが駄目だった
子ツバメの飛行訓練みたいです   電線に10数羽いました


 
田植えの合間に近くになっている梅を収穫
段差のある石垣の上に植えてあるので高い場所は届かず
3キロほどの収穫ですが私は食べませんので十分な量です
昔のも残っていますので、何年も収穫していませんでした
早速塩漬けにしました

 
この間紹介した植えて3年目のアジサイ 
全体的に咲きました   ちょっと剪定した方がいいかな

 
ご訪問感謝です
 
 

出会いと別れ3

 
雨模様の予報が出てましたが、雨はお湿り程度です
思い出話です、ちびちゃんのストーカー行為はまだまだしつこくはありません
ちびちゃんと入れ替わるように亡くなった猫がすごかった
その名前もちびちゃんでした、弟妹が生まれてからちび兄ちゃんに改名
 
ちび兄は天井裏・床下を自由自在に通り抜けて、私がいる場所を嗅ぎ付けて
(部屋でくつろいでいようが、お風呂に入っていようが、お構いなく)
大声で鳴いて鳴いて呼びつけます、そして、自分が気の済むまで
何時間でも抱っこさせて降りません、小柄で体重が軽かったので
さほど苦にならなかったのですが、猫の都合に合わせるのが大変で
 
 
母猫たびーは捨て猫でした、ご飯は食べるけど人間にあまり馴れなくて
猫の本能でしょうか、納屋の2階で出産して(梯子を上手に利用していました)、
子育てして子離れの時が来ると、山奥に連れて行っていました。
ちび兄は自力で戻ってきたのです、戻ってきた後は、他の猫からお世話されて、成長しました
 
2008年6月頃撮影   
親離れが始まると面倒見てたのはこぐろ  目鼻ぐちょぐちょの顔でした     
カリカリが苦手なちび兄の為、狩りをしては食べさせてました

ちび兄の為、缶詰を買うようになりました。この頃はまだ慣れなくて、



 
2008年11月頃撮影  みけこも世話好きでわが子のように可愛がって
抱きしめて離さない
    毛づくろいしてあげます

 
2009年6月頃撮影   珍しく母猫たびーと一緒に寝てたので

 
 
2011年3月24日撮影  (2008年春~2011年9月1日まで3歳まで)
3歳になっても他の猫より小柄でした。猫が寝てるとも知らずトラックが出かけ
行方不明になるが、2週間たった頃、戻ってきた強運の持ち主でした。
亡くなるほど弱っていないし、ご飯も食べていたのに8月終わりごろ、
現ちびちゃんが現れるとあとをよろしくと言わんばかりに
生まれた納屋の開き戸の下に「頭隠して尻隠さず」の格好で亡くなっていました(隙間あり)
家の敷地内で最後を見届けることができたのが、不幸中の幸いでした

 
2010年4月頃撮影  ちび兄の弟妹たびーがなぜか連れて行かなかった)
もここきじ  一緒なのは1歳位まで、あとは単独行動
かなり大きくなってお目見えで初撮影)

 
2011年3月24日撮影  (2009年春~2011年夏2歳まで)
こきじ(男の子)  人間に馴れることなく、ちび兄と違い、触られるのも拒否
一度ひどく、ぐったりしていたので病院に連れて行き(高熱だった)
念の為に血液検査受けると白血病の疑いありと言われたが
病院に連れて行くのが困難だと判断し治療を断念したが
発病することなく1年は元気で過ごすが、かなり弱った体で姿を消す

 
2012年11月22日撮影  (2009年春~2013年6月4歳まで
もこ(女の子)  ほとんど人間にも猫にも馴れず単独で過ごしていた
人知れず出産したようだが子猫は育っていない
2011年に入ったころより猫に対して甘えるようになり
徐々に私に対しても甘えるそぶりを見せるようになった
やはり弱った体で出て行こうとしたのを無理に連れ戻し、
最後は家で迎える(車の下)ちょうど1年経ちます

 
長文になりました、ごめんなさい
ちびちゃんが負けるくらいの甘えん坊な猫がいたこと、忘れないため
ちびちゃんの甘え方を見ていると、ちび兄の魂が入っていると思いました
それとも、俺の代わりをしてくれと頼まれたのか、不思議な気持ちでいます
ちび兄は、甘え上手だったのか人にも猫にも可愛がられていました
ここには載せてませんが後輩猫達と一緒の写真もあります
それはまたの機会にでも載せます
2008年~2011年まで猫がたくさんいた頃です
それぞれ性格の違いがあり、どう接していいのか迷っていたように思います
どの子も短命で終わりましたが、印象深い猫達ばかりです
ご訪問感謝です

梅雨??

全国的に梅雨入りしました、大雨が続いている所もあるようですが
大丈夫ですか?こちらは曇り状態が続いて雨は降っていません
正直、米作りしている家としてはこの時期、もう少し降ってほしいです
田んぼに水が溜まらないと田植えができませんので
 
満開ではありませんがアジサイが咲きました(昔から植えてある)
花が終わると適当に剪定するのですが、去年より花が小振りになったような

 
これは植えて3年経ち、きれいな花が咲きました
  種類の違うアジサイ
 

 
 
アルストルメリヤは次々に咲いています

 
数日前より見かけていたトンボ、撮影に成功しました
季節の移り変わりを感じます

 
貰い物です、ひまわり   一足早い夏って感じです

 
梅雨の時期、我が家は湿気が多いので(外は霧深くなる)
カビとの戦いの日々です。窓を開けることはできません
除湿機フル回転させます、今年はもう少し先になりそうです
天気は嬉しいが
、雨も欲しい
、悲喜交々で複雑な心境です

 
ご訪問感謝です

こぐろへ

こぐろ、元気ですか、今どこにいますか
それとも虹の橋を渡りましたか
、いなくなって、もう一年が経ちます
こぐろいなくなって、寂しいのか
ちびちゃんすっかり甘えん坊になりましたよ
寒い冬
が来る前に、お母さん猫がいなくなって、どうしよう
まだ4か月の子猫が、冬を乗り越えられるかと心配しました
玄関の中に作った猫ベットに、一緒に寝て
過ごしてくれて本当にありがとう、
おばちゃんがお世話できない分を、補ってくれて助かりました
 
こぐろは4猫姉妹で生まれ、他の猫が自立していく中、家に残りましたね、
野良として自立するには、のんびり屋さんだから大丈夫かなと
心配していました。こぐろ自身が自覚していたんだね、自分には無理だと
2007年11月頃撮影 
誕生日が何日なのかはわかりません  
親が連れて来るのが離乳食が始まる頃ですから
来ても隠れてますので、なかなか馴れません

 
狩りは上手だけどおっとりして甘えん坊さんで(人間ではなく猫に対して)
だって一歳過ぎても子猫達にまじっておっぱい飲んでいるようじゃね
野良としては生きていけません
 
2008年9月頃撮影、子猫(
大きいな)盛りだくさん、
一番大きいのがこぐろです
乳母役はお姉さん猫みけこ  お世話大好き
 (たぶん血縁の無い子もいる)

 
2011年10月15日撮影 最後の母娘写真
みけお母さん ・みけこお姉さん・こぐろお姉さん・ちびちゃん

 
2012年5月15日撮影 ちびちゃんの話し相手をして

 
 
2012年8月23日撮影   ちびちゃんの遊び相手をして(しつけを兼ねて
年の差を感じています(4歳違い)

 
 
2013年3月22日撮影  
怪我が完全に治っていないのに(3月初め大怪我)
訳ありの子猫(後日紹介します)の面倒まで見て

 
 
2013年4月5日撮影
表面上、怪我は治って元気になった
帰らぬ旅に出ました(夜の間に)


今年も梅雨がやってきました
これから先、梅雨入りする度にこぐろの事、思い出すでしょう
あんなに猫がいたけど、今、常時、家にいるのは
ちびちゃんひとり
寂しいけどちびちゃん
とおばちゃん
仲良く元気に暮らしていますので安心してください
他の猫も一緒にいるのならこぐろは寂しくないね
では、さようなら
 
こぐろへの感謝の手紙でした 
 
 
ご訪問感謝です
 
 
プロフィール

tibi

Author:tibi
お世話している猫の話と
平凡な日常生活で
感じた事思った事を
綴っています
のんびり・ゆっくりの
不定期更新です。
よろしくお願いいたします

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
シンプルアーカイブ
訪問者数
ヤフーカウンター続き
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ブロとも一覧

にくきゅうギャラリー

三毛のあれこれブログ

みとりんの日々のつぶやき

動くイラストと猫漫画

NICO SMILE
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR