FC2ブログ

思い出をありがとう☆(間に合わなかったケーキ)

たまみ  15歳の誕生日おめでとう

15歳のお祝いするつもりが間に合わなかったね

たまみ、

ごめんね  たまみ

生クリームがたくさんのった、買っていかなくて

待っていたんだよね


平成17年7月17日に生まれて

令和2年7月14日に、虹の橋を渡りました

14年11ヶ月と27日でした、15歳のお祝いできなかった


前日、生クリームがたくさんのったを買うことができなくて

生クリームののった白玉ぜんざいを買っていき

たまみ、tibiの来るのを待っていたようで

アイスをやっても食べなかったので、生クリームの部分をお皿に・・

綺麗に舐めた  追加してあげると  嬉しそうに舐めた


令和2年7月13日、最後になりました

たまみ


でも、よく頑張りました、若い時代にたくさんいた家族・・・

お母さん🐈・従兄妹とその子🐈・娘🐈を

次々に虹の橋に見送り

そして、縁もゆかりもない捨て猫を育てる飼い主


たまみ、相性の悪い猫もいたのかもしれないけど

人間のわがままに付き合わされ、我慢した日々もあったのかな?

我干渉せずの態度をとっていたけど、寂しくはなかったよね


昔、飼っていた猫の写真は、カメラのない時代で

あまり残っていないので、自分がカメラ持つようになったら

たくさん撮ろうと思っていましたけど

いざ撮ってみると

選ぶのが大変で迷いますし、また仔猫時代を思い出し( ;∀;)が


たまみ  月に数回しか会えなかったけど

思い出をたくさん残してくれましたね   ありがとう

最後に抱っこできて嬉しかったです


本当の家族と一緒だから寂しくないよね(T_T)/~~~


いつもご訪問いただき感謝しております(*- -)(*_ _)ペコリ



スポンサーサイト



1年経って

ちびちゃん

あなたが亡くなってちょうど1年ですね

あなたを思うたび、涙が止まらない

今でもそばにいてくれていると思っていますが

もう、お母さんやお姉さん猫と出会えましたか?

お母さんに思う存分甘えていますか?


乳離れの頃、お母さん猫と永久の別れをした

ちびちゃんがかわいそうで、そして、

どう育てていけばいいのか悩みましたが


寒くなる12月初旬・・おねえちゃん猫こぐろと残されてしまいましたね

ちょっと年が離れていたのでお姉ちゃんというよりお母さんのようでした

こぐろとちびちゃん


一生懸命お世話してくれましたが、

時々はひとりぼっちで夜を過ごす日もありました

そんな日は、玄関の中で眠ってくれましたが・・・

そこは猫の習性・・・夜中に目覚めては・・・

「遊んで~~遊ぼう~~」と騒ぐ

夜中だよ眠いんだよ(-。-)y-゜゜゜と言いながら

付き合わされる人間・・・・ほぼ毎晩


あなたは、外猫さんなのに・・・

大変 人間が大好きな猫さんに育ちました

それが・・

(´ε`;)ウーン…少し失敗したかなと後悔することに( ´ー`)フゥー...


こんなに小さかったのに

ちびちゃん

同じ植木鉢なのに   (*´Д`*)隙間がない

大きく育って( ^ω^)・・・嬉しいやら悲しいやら

ちびちゃん


今まで飼っていた猫はどんなに懐いていても

抱っこできませんでしたが

ちびちゃんは抱っこされるのが大好きで   

私の腕が痛かろうが腰が痛かろうがこの状態で

延々と時間だけが過ぎていく・・・・ 最低でも1時間・・・

私の限界まで・・・続く

決してちびちゃん自ら降りようとはしませんでしたね(´Д`)ハァ… 

ちびちゃん

だから・・今は何か物足りない・・・・猫はたくさんいるけど

何だかひどく寂しさを感じる時もあります


今は時々帰ってくる猫さんを抱っこ練習中です

この猫さんも甘えん坊さん( *´艸`)

くり


ちびちゃんに比べるとものすごく軽いですが

抱っこされる時間はものすごく短い( ̄▽ ̄;)

そしてもう1にゃん、この猫の息子猫も抱っこの練習中

最近、自ら甘えてくるようになりました


ちびちゃん、行年7歳2か月

一緒にいられたのは、7年、短いのか長いのか??


ブログを始めた頃、ちびちゃんはひとりぼっちになりましたね

お友達がいなくなり寂しかったよね

そんな時現れたのが怪我をしてボロボロだったふうちゃん

かわいそうで思わずご飯たべさせていたら、元気になってしまった😵

でもね・・・ちびちゃんのお友達にと思ったけど

人間の気持ちとは裏腹に猫の気持ちは・・・・(´ε`;)ウーン…

喧嘩友達になっちゃった・・・(。-人-。) ゴメンネちびちゃん

逆にストレスが溜まるようなことして

だけど・・・ちびちゃんが亡くなった後

ふうちゃんはね、家族がたくさんいるのに

元気がなくなっちゃった、寂しいのかな

私も寂しいけど(ノД`)・゜・。


思い出は、どの猫よりもたくさんもらいました

私の忘れることのできない猫№2です


いつもご訪問いただき感謝しております(*- -)(*_ _)ペコリ

続けて虹の橋を渡る


( ´ー`)フゥー...ため息をつく日々です

前回、記事を投稿した翌朝から31日までの間に(2週間)
子猫が3にゃんと1歳半になるオス猫(楓太)が、相次いで虹の橋を渡り
tibiは、ショックで(ノД`)・゜・。  _| ̄|○してます
猫達にご飯やる以外はボーっとして(´Д`)ハァ…状態です

この夏,生まれた猫は、標準より小さいみたいで
無事、育つか心配しておりました

昼夜の気温差が激しくなり、台風の影響で雨も降り
お母さん猫がいて欲しい夜に子猫だけの日もあって
体温調整が保てなく、フーシャー言われながら
お顔を拭いてあげたり、少しでも暖かい寝床を用意したりしましたが
残念な結果になりました( ;∀;)  

その後、お母さん猫が残った2にゃんを山の方に連れて行き(。´・ω・)?
昼の間連れてきて、夜は、連れて行きます(-ω-;)ウーン何処へ・・

どうも・・・「tibiおばちゃんに預けられない」とでも
思われたらしい
姿が見えないと心配で心配で(´Д`)ハァ…


     残った2ニャン  11月4日  日向ぼっこ中を撮影

何とか、育ってほしいと思う日々(*^^)v

1歳半の楓太は、外傷もなく突然で(◎_◎;)
主人は朝早く、ご飯食べに来ていたのを見てたらしいが
tibiは、午前中会うことはなく
外出から戻った午後3時ごろ、車庫で発見しΣ( ̄□ ̄|||)
いずれ旅に出るであろうと思っていたが、
虹の橋を渡るとは思ってもおりませんでした(T_T)

左側:楓太君  右側:半年違いの弟猫きじ丸君は一足先に旅に出ました

この事を、記事にするか迷いましたが
名前を付けないままお別れすることになり残念で
守ってあげることができず
せめて生きていた証として、残しておきたいと思いました。

いつもご訪問いただき感謝しております<(_ _)>






今年、お別れした猫へ

寂しいことに、今年  お別れした猫たちへ
たくさんの思い出   ありがとう

実家の猫   はな   行年9歳   
原因不明の病にかかったものの   良く頑張りました
平成27年7月18日   旅立ちました
あれから、5ヶ月    お母さんたちに会えましたか?

平成26年10月撮影   大変な寒がりで専用のこたつを用意したほど


キジ太君   行年10歳
オス猫は一度放浪生活に入ると、戻ることはないと聞いていましたが
キジ太君は、tibi家を拠点に活動していたらしく
良く帰って来ていました    元気な姿見るたび安心でしたが
平成27年7月13日に家を出たまま
二度と帰らぬ旅に出ました

平成27年7月撮影    ちびちゃんと一緒に最後の記念撮影になった


居候猫のゴン太君
いつから家に居つくようになったのか、思い出せないくらい、
大切な存在になりつつあったのに
今年のお盆、突然、姿が見えなくなった
8月13日、家出かと思っていたら17日帰ってきた

帰ってきたと思ったら性格が変わっていた???
絶対、身体に触れることを許さなかったのに



ナデナデしてくださいとお腹を見せ、触らせてくれた
少しだけど抱っこもさせてくれた  とっても嬉しい日々だったのにヽ(^o^)丿
8月25日、また、家を出ました
それ以来、姿を見せることはありません
捜したくても、山の中に入るとどこにいるのか・・・・・

平成27年4月撮影    年齢は解らない


どの猫も、可愛くて愛しくて大好きでした

書きながら涙が


   出て止まりません
tibiの側で過ごしてくれてありがとう
楽しかった、幸せでした



 


             <ちいこ>さんにお借りしています
         
       いつもご訪問いただき、感謝しております_(._.)_  




在りし日の(=^・^=)

思い出写真   みけ子編
ちびちゃんの姉猫  みけ子が虹の橋に渡って
   3年です

ストーカー猫だった  みけ子
平成16年初冬生まれで  初めて家に来たのは12月初め
最初は家の中のこたつに入れて貰えたの
  夜だけ
   しかし・・・
翌朝 

しておじちゃんに


怒られ、それ以来入室禁止
躾のできていない子猫が粗相するのはしかたのないことなんだけど((+_+))
2日間続けばね・・・我慢にも限度がか
  
家から追い出され、しばらくの間、近くのハウスの中で生活
子猫の為に、ご飯は出前しました
  そして年末、再び親子で家に来て
冬を越して春まで過ごす予定でしたが、ず~っと過ごしました約7年


抱っこは嫌いでお腹モフモフも嫌いで(゜-゜)
でもおばちゃん大好きで

後ばかりついて来ていたね



  隣家


  散歩


  どこへでも

近くにいないのを確認して出かけても  ニャーニャー鳴きながら


何処からともなく姿を現す        

赤ちゃんの頃             すくすく成長して母になる前












初めての子育て  屋根の上       誰の子?? でも関係ないわ







 
  姉妹猫と記念撮影    血縁は関係なく お世話するのが大好き猫でした  























完全に子猫が独立するまで絶縁状態ですが、その期間が終了すると




です 
平成23年5月16日撮影        平成23年9月25日撮影












平成23年10月30日
近所のおばあさんが亡くなり  葬儀後のお手伝いに行くため
先方宅の駐車場が手狭ですので歩いて行くしかなく
ふと・・・途中で振り返ると

おばちゃーんどこ行くの?と みけ子が付いてくるのが見える
 他の猫も一緒に




みけ子
  弱った身体でついてこなくてもいいのよ  家にいなさい

当時みけ子は7歳  体が弱ってました
私自身が右足を痛め、約1ヶ月の間、歩行が困難で車いすが欲しい状態でした
言い訳ですが、みけ子の病状まで気が回りませんでした
気づくのが遅かったのです

お手伝い後の帰り道、捜すがみけ子の姿は何処にも見えず(?_?)  行方が・・・
後日、近所の家(葬儀のあった家近く)で亡くなっているのが三毛猫らしいと
連絡が入り、迎へに行き、他の猫が眠る場所に

猫たちのお世話をしてきて、別れも経験しました
どの別れ方も辛いものですが、この時ばかりは私自身が病気しなければ、
病院に連れて行き、もう少し生きられたのではないかと
思う日々があります、あまりにもちびちゃんが似ているので
他の猫より思い出すことが多いです


ご訪問いただき、いつも感謝しております_(._.)_






プロフィール

tibi

Author:tibi
お世話している猫の話と
平凡な日常生活で
感じた事思った事を
綴っています
のんびり・ゆっくりの
不定期更新です。
よろしくお願いいたします

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
シンプルアーカイブ
訪問者数
ヤフーカウンター続き
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ブロとも一覧

にくきゅうギャラリー

三毛のあれこれブログ

みとりんの日々のつぶやき

動くイラストと猫漫画

NICO SMILE
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR